初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Unity

初めてのUnity #5 キャラクターをジャンプさせよう

キーボード操作でキャラクターを左右に移動させるところまで作ったので、今回は新たに重力を加えて、ジャンプさせる処理を作りたいと思います。

 

まずは、地面を配置しましょう。

Sprite Pack > Tap and Fly > Sprites > Backgroundのフォルダにあるscene_01_floor.pngをドラッグ&ドロップしましょう。

 

白い枠の下の方にはまるように地面のサイズ調整や位置調整をしましょう。

 

次に配置した地面に対し、Add ComponentでPhysics 2D > Box Collider 2Dを選択し、緑枠のようにInspectorタブ内にBox Collider 2Dを追加しましょう。

これをセットすると、地面との衝突判定が作られ、地面に触れた時にひよこが貫通しないようになります。

 

ひよこにも同じように衝突判定をセットする必要があるので、同じようにBox Collider 2Dを追加しましょう。

更にRigidbody 2DのGravity Scaleを1にセットし、重力を加えます。

これで、ひよこに重力が加わり、地面より下に落ちなくなります。

 

次に、ひよこのジャンプ処理を作っていきます。

Sprite Pack > Tap and Fly > Sprites > Playerフォルダに作成したPlayerScriptをダブルクリックします。

そして、コードを以下のように書き換えます。

一番下にWキーを押した時の処理を書き加えました。

前回、使用したAddForceというものを使い、Wキーを押した時に上方向(Vector2.up)に300進むという処理を追加しました。

これで、Wキーを押した時に、重力に逆らい、上方向にジャンプするようになりました。

ちなみに、入力制限は設けていない為、連打すると連続でジャンプしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

初めてのUnity #4 キャラクターを操作しよう

前回、キャラクターの表示まで出来たので、キーボード操作でキャラクターを操作するプログラムを作りたいと思います。   Projectタブ内のPlayerフォルダを右クリックし、Create & …

初めてのUnity #3 キャラクターを表示しよう

今回は、キャラクターの素材をアセットストアからダウンロードし、キャラクターの表示・操作までを作成していきます! まずは、アセットストアにアクセスし、キャラクターの素材をダウンロードしてみましょう。 & …

初めてのUnity #1 まずはインストールをしよう!

今回、Unityというゲームを作成するツールを使って、簡単な2Dゲームを作る手順をご紹介します。 初めての方でもさくっとゲーム作成を体験してもらう為に短い手順で作れる方法をレクチャーしたいと思います! …

初めてのUnity #2 ゲームを作る準備をしよう

Unityのインストールまで完了しましたので、ソフトを立ち上げてみましょう。     Windows Vista以降の環境では、「Windowsセキュリティの重要な警告」が表示され …

初めてのUnity #6 足場や鉄球などのオブジェクトを設置しよう

前回はジャンプさせる処理まで作ったので、今回は足場や鉄球などのオブジェクトを追加していきたいと思います。   まずは、Sprite Pack > Tap and Fly > Sp …

プロフィール

坂井 秀教(@norio198603)です!

2018年2月に一般社団法人ドットテックを設立し、フリーランスのエンジニア・デザイナーが活動を継続できるよう、学び合い助け合えるコミュニティを構築・運営中しております。

ゲーム作りやプログラミングの楽しさを知ってもらいたいと思い、本サイトを立ち上げました。 本サイトが、気軽に楽しく、ゲーム作り・プログラミングに取り組む支えになれば幸いです!

カテゴリー

お勧め動画教材
アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン 作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ 【超初心者向け】Blenderでキャラクターをモデリングしてアンリアルエンジンで動かす講座【ハンズオン】

最新の記事

Unityで使えるゲーム素材