初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

WOLF RPGエディター

WOLF RPGエディターでゲーム制作にチャレンジ #4

今回は、森マップを作成していきたいと思います。

 

最初のダンジョンになるので、難しくなり過ぎないように作成していきます。

マップの作成

まずは、マップを作成していきます。

 

森マップは、マップを2つに分割して作成します。

基本設定は、以下のように設定します。(以降、森1・森2と呼びます。)

 

今回は、「マップ自動生成」を使用します。

ただし、森のマップ素材は少し特殊なので、通常とは違う使用方法をします。

 

森1から作成していきます。

最初にレイヤー1には地面を、レイヤー3には天井を敷き詰めます。

 

その後、「マップ自動生成」で画像のように設定して「マップ生成」でプレビューに仮作成します。

 

同じ設定でも「マップ生成」をするたびに違うマップが仮作成されるので、良いものができれば赤枠内のボタンで実際に作成しましょう。

 

作成したマップに左右の出入口を作成しながら整地をします。

序盤の森マップですので、道は広めが良いでしょう。

 

それから、レイヤー2に森のマップ素材を配置していきます。

 

拡大するとこのようになっています。

 

植物や枯れ木などの装飾物も配置していきます。

 

あとは、森2も同様の方法で作成します。

 

モンスターの作成

次に、モンスターを作成していきます。

今回は、スライムと森マップのボス・ゴブリンを作成します。

 

スライムは、最初に戦う敵なので簡単に倒せるように設定します。

 

「敵グループ」には、1体・2体・3体の計3つを作成します。

 

作成したスライムは、コモンの「ランダムエンカウント処理」を使用して出現させます。

接触範囲は、出入口以外の全体に設定します。

 

小さいものも配置して、奥に進むと敵の数が多くなるように設定します。

 

ゴブリンは、HPと攻撃力を大きく上げて、代わりに精神・防御力を少なめにします。

 

「敵行動AI」では、30%の確率で「力ため」を使用する設定にします。

 

「敵グループ」は、1つ作成します。

 

作成した後、森2の出口付近にイベントを配置します。

 

範囲内に入るとセリフの後、ゴブリンと戦闘になる設定にします。

 

この時、戦闘結果をセルフ変数に入れるように設定します。

 

また、「戦闘BGM」は『システムデータベース』の「BGMリスト」から選択するので、必要があれば作成しておきましょう。

 

戦闘に勝利したらセリフの後、イベントを削除するためのページ2に変更します。

 

主人公のステータスも少し調整します。

「基本命中率」を100%、「SP・最大SP」を30に変更します。

 

イベントの作成

最後は、イベントを作成していきます。

 

まずは、「場所移動」でフィールドと森1と森2を繋げます。

 

ついでに、森の近くに看板を作成します。

 

次に、ボスの手前で町に戻ることができる魔法陣を作成します。

森2のレイヤー2に黒い魔法陣を配置します。

 

その上に、画像のようなイベントを作成します。

 

最初に、サウンドとフラッシュと同時に白い魔法陣に変更します。

 

次に、「変数操作」で通常変数に1を入れます。

通常変数とは、ゲーム全体で使用する数値のことです。

 

最後に、選択肢を作成して「はい」で町に戻るように設定します。

 

ページ2も作成しますが、こちらは町に戻るためだけのページです。

 

町の方にも魔法陣を作成しておきます。

 

「条件分岐(変数)」で「テレポート登録」の数値が1・2・3の時と「上記以外」の4つの分岐を作成します。

数値が1の時には森、2では洞窟、3では島の魔法陣に着くことになります。

 

「上記以外」では、魔法陣は使用できない設定にします。

 

数値1には、選択肢を4つ作成します。

 

「森」にはさらに選択肢を作成して、「はい」で森の魔法陣近くに行く設定にします。

 

「???」は、まだ使用できないようにします。

 

場所選択がしやすいように、選択肢の前に「ラベル」を挿入して、「???」と「いいえ」からラベルに飛べるようにします。

 

数値2・3には、上記の設定に「???」を「洞窟」「離島の山」に変更して、ラベル名を変更するだけです。

 

その後、近くに看板を作成します。

 

最後に、町の住民の一部にヒントや情報を言うように設定すれば、森マップの完成です。

 

作成したゲームの公開

作成した現時点のゲームはPLiCyというサイトで公開しています。
作成ゲームのZIPがダウンロード出来るようにもなっておりますので、是非参考にして下さい!

(ゲームの動作が重い、不安定な人もダウンロードしてみてください。)

 

次回

今回は、森マップの作成をしました。

マップの分割は、他の作品でもよく使用される手法で、複数のマップを適度に切り替えながら進むことで、プレイヤーは進んでいると感じやすくなります。

 

次回は、洞窟マップの作成をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #1 WOLF RPGエディターとは

WOLF RPGエディター(ウディタ)とは、RPGを制作するためのフリーソフトです。 戦闘やメニュー画面などの基本システムが用意されており、同梱のサンプルゲームを元に作っていくことも可能です。 また、 …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #10 マップの作成

前回は敵キャラの作成までを行いました。 今回は、マップの作成を紹介します。 前回と同じくサンプルゲームをベースに作業していきます。   マップ作成の操作周りは比較的幅広いので、本記事では、簡 …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #5 サンプルゲームを改造してみる

本章では、サンプルゲームを改造して味方キャラクター、敵キャラクターを増やすことにチャレンジしたいと思います。   味方キャラクターの追加 味方キャラクターは、可変データベースにて編集をするこ …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #4 サンプルゲームの中身を見る

前章ではサンプルゲームで遊んでみましたが、今回はサンプルゲームの中身を見て、どのようにゲームが組み立てられているか確認していきたいと思います。 では、Editor.exeをダブルクリックし、ゲームを編 …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #6 主人公の作成

前章では、サンプルゲームに用意されているキャラクターを使って味方キャラクターを増やしましたが、今回は、自分で新たに主人公となるキャラクターを作ってみましょう。 今回もサンプルゲームを改造して作成してい …

プロフィール

坂井 秀教(@norio198603)です!

2018年2月に一般社団法人ドットテックを設立し、フリーランスのエンジニア・デザイナーが活動を継続できるよう、学び合い助け合えるコミュニティを構築・運営中しております。

ゲーム作りやプログラミングの楽しさを知ってもらいたいと思い、本サイトを立ち上げました。 本サイトが、気軽に楽しく、ゲーム作り・プログラミングに取り組む支えになれば幸いです!

カテゴリー

お勧め動画教材
アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン 作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ 【超初心者向け】Blenderでキャラクターをモデリングしてアンリアルエンジンで動かす講座【ハンズオン】

最新の記事

Unityで使えるゲーム素材