初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Game Designer Action

Game Designer Actionでゲーム制作にチャレンジ #3

今回は、「草原マップ」の作成とモンスターの配置をしていきたいと思います。

 

「草原マップ」は、1番最初のマップなので、難易度が難しくならないように作成していきます。

「草原マップ」の作成

最初に、カテゴリー「マップ」の「マップ追加」ボタンから、新しいマップを作成します。

 

新しいマップの大きさは、「通常」を選択します。

 

次に、「マップ」にある「自動生成」を使用して、大まかな地形を作成します。

 

使用する素材は「草原」を選択します。

左側と右側を「丘」に、中央を「山」にした後、自動生成を行います。

 

生成される地形は、自動生成を行うたびに変わるので、良さそうな地形を探してみましょう。

この記事では、左右が低くて中央が高い、下の画像の地形にします。

 

ただし、自動生成を使用すると、不自然な地形もできてしまいます。

その部分だけは、手作業で修正していきます。

 

その後、マップ右端を平地にして、下の画像のような入口を作成します。

素材は、「オートタイル建造物1」にある「屋敷」を使用します。

 

何の入口か分かるように、入口の近くには看板を配置しておきます。

 

看板の設定内容は、下の画像の通りです。

 

最後に、「説明用マップ」から「草原マップ」へ移動するための「一方通行ドア」を配置します。

「一方通行ドア」は、カテゴリー「しかけ/乗り物」にあります。

 

「説明用マップ」側に、「ワープポイント」を右端に配置します。

識別用の数字は「1」を設定します。

 

そして「草原マップ」側には、数字を「1」に設定した「ドアの出口」を左端に配置します。

「説明用マップ」から「草原マップ」へ問題なく移動できれば、「草原マップ」の完成です。

 

モンスターの配置

「草原マップ」を作成したら、モンスターを配置していきます。

配置するモンスターは、ページ1の赤枠内3種類と、ページ2の赤枠内2種類にします。

 

マップ左側では、ある程度の間隔を開けて、モンスターを配置していきます。

 

マップ中央~右側には、2種類~3種類をまとめて配置していきます。

 

モンスターの配置場所は、地形が邪魔になりにくい平地が1番良いです。

もし、平地以外に配置したい場合は、地面より1マス上に配置すれば大丈夫です。

 

また、鳥のような飛行するモンスターの配置は、地面より2~4マス上に配置すると良いです。

モンスターを配置し終えたら、テストプレイでマップを確認してみましょう。

 

作成したゲームの公開

今回までに作成したゲームはPLiCyで公開しています。

是非、ゲーム制作の参考にしてみて下さい!

 

次回

今回は、「草原マップ」の作成とモンスターの配置をしました。

モンスターの配置を終えた後は、テストプレイを行って確認してみると、難しい場所や無駄になっている場所などが見つかりやすくなります。

 

次回は、「城マップ1」の作成と仕掛けの配置をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

Game Designer Actionでゲーム制作にチャレンジ #7

今回は、隠しアイテムの配置をした後、ゲームを投稿していきたいと思います。   隠しアイテムを全て配置した後、不具合の修正などがなければゲーム制作は完了になります。 隠しアイテムの配置 「説明 …

誰でも簡単にアクションゲームを作れる!Game Designer Action講座 #4

今回は、カテゴリー「地形」を解説していきたいと思います。   「地形」は、ゲーム作成画面を開いた時に自動で選択されるカテゴリーです。 「地形」 「地形」は、マップに配置する素材を選択するカテ …

Game Designer Actionでゲーム制作にチャレンジ #2

今回は、新規作成と「説明用マップ」の作成をしていきたいと思います。   「説明用マップ」は、ゲームの説明の他に、プレイヤーが操作の練習をするためのマップでもあります。 新規作成 まずは、ゲー …

誰でも簡単にアクションゲームを作れる!Game Designer Action講座 #8

今回は、カテゴリー「アイテム/仲間」を解説していきたいと思います。   スコアアイテムや回復アイテムなどの配置は、このカテゴリーで行います。 「アイテム/仲間」 「アイテム/仲間」は、マップ …

誰でも簡単にアクションゲームを作れる!Game Designer Action講座 #2

今回は、作成画面について解説していきたいと思います。   作成画面の機能については、公式のFAQも参考にしてみてください。 作成画面について Game Designer Actionの作成画 …

プロフィール

坂井 秀教(@norio198603)です!

2018年2月に一般社団法人ドットテックを設立し、フリーランスのエンジニア・デザイナーが活動を継続できるよう、学び合い助け合えるコミュニティを構築・運営中しております。

ゲーム作りやプログラミングの楽しさを知ってもらいたいと思い、本サイトを立ち上げました。 本サイトが、気軽に楽しく、ゲーム作り・プログラミングに取り組む支えになれば幸いです!

カテゴリー

お勧め動画教材
アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン 作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ 【超初心者向け】Blenderでキャラクターをモデリングしてアンリアルエンジンで動かす講座【ハンズオン】

最新の記事