初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

ゲーム作成に便利なツール

イラスト素材を自由に編集!ゲーム制作にオススメの「画像編集ツール」5選

ゲーム用の画像やイラストを用意する際、
他の人が公開・販売している「画像素材」を利用する方は多いと思います。

しかし、自身のゲームに合わせようとすると加工する必要があり、
中には、“編集を行う前提”で配布している素材サイトもあります。

そこで、今回は「ゲーム制作にオススメの画像編集ツール」を紹介していきたいと思います!


Photoshop(フォトショップ)

「Photoshop」は、株式会社[Adobe]が販売しているプロ向けの画像編集ツールです。

ツール内には、多種多様な機能が用意されており、
通常の編集機能は一通り揃っている他、
[対象の自動選択][不要物の除去]のような他のツールにはない機能も使用することができます。

あまりに高性能な機能が多いので、
画像編集ツールでありながら、イラストの作成も可能となっています。

値段は[1ヶ月:3,280円]とそれなりに掛かるので、
セール期間セット割引商品を狙って購入すると良いでしょう。


GIMP(ギンプ)

無料で画像を編集したい場合は、「GIMP」がオススメです。

オープンソースで開発されたフリーソフトですが、
高性能な機能が豊富に用意されていて、“有料ツールに匹敵する”と言われるほどです。

また、通常の画像だけでなく、Photoshop用の[PSD]ファイルにも対応しています。

ただし、高性能である分、覚える機能や操作が多い他、
「図形の作り方」が特殊なので、慣れるまでは苦労するかもしれません。


Paint.net(ペイント ネット)

WindowsPCに付属されている「Paint」に様々な機能を追加した無料の画像編集ソフトです。

ペイントの[シンプルさ]を引き継ぎながらも、
「レイヤー」「エフェクト」「自動選択」などの機能が追加されており、
簡単な操作で複雑な編集を行うことができます。

低スペックPCでも問題ない“動作の軽さ”も特徴の1つです。

流石に、性能では上記のツールに劣りますが、
簡単な画像加工であれば、こちらで十分な場合も多いでしょう。


バナー工房

多種多様な画像加工ツールを無料で公開しているWebサイトです。

それぞれのWebツールは、特定の機能を持つだけなので、
操作が簡単に理解でき、すぐに画像加工が始められます。

また、同じサイト内であれば、
加工した画像を別のツールに引き継いで、追加で加工することも可能となっています。

「背景の透過」「枠線」「色の置き換え」など、
無料の編集ツールでは難しい操作も用意されているので、ぜひ利用してみてください。


TinyPNG(タイニーPNG)

「TinyPNG」は、画像のファイルサイズを少なくする画像圧縮ツールです。

サイト上に画像をドラッグ&ドロップすれば、
ほとんど画質を下げずに、ファイルサイズを[30~80%]も減らすことができます。

1度に20枚・5MBまでの画像が圧縮でき、WebP・PNG・JPEGなどの形式に対応しています。

軽量化した画像をゲームに使用することで、
ゲームの読み込みが速くなり、最後まで快適に遊べるようになります。


まとめ

今回は、「ゲーム制作にオススメの画像編集ツール」を紹介しました。

画像・イラスト素材は、使用する際に[加工]を禁止している場合もあるので、
「利用規約」をしっかり確認するようにしましょう。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

海外産ゲームエンジンも使いこなす!ゲーム作成にオススメの「翻訳ツール」5選

ゲーム制作ツールやゲームエンジンは、日本だけでなく海外でも開発されていて、近年では扱いやすい高性能な製品も増えてきています。 ただ、そのようなツール・エンジンは日本語未対応なことが多く、英語が読めない …

自分でゲームイラストを描く!ゲーム制作にオススメの「ペイントソフト」5選

キャラクターや背景、UIや操作ボタンなど、ゲームにおいて「画像・イラスト素材」は、欠かすことのできない大事な素材です。 簡単なゲームであれば、フリー素材を利用する手もありますが、本格的なゲームを制作し …