初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Moonblock

パズルで簡単プログラミング!Moonblock講座 #5 作ったゲームの保存方法

Moonblockで作成したゲームは作ったパソコン、作ったブラウザ内でしか保存されません。

別のパソコンから見るには、Moonblockの「セーブ」という機能を使って、ブロックを組み合わせた時に自動的に作られるソースコードと呼ばれる命令文をテキストで保存しておく必要があります。

まず、画面左下にあるセーブボタンをクリックします。すると、下の図のように画面にQRコードとソースコードが表示されます。

moonblock_5_1

スマホやタブレットで作ったゲームをプレイする際にはQRコードを読み込ませるだけで可能です。

パソコンでも、http://goo.gl/・・・のアドレスをブラウザで入力すると作ったゲームが復活するのですが、裏でソースコードが作られてるということを知ってもらう意味も込めて、今回はソースコードの保存、読み込み方法をご紹介します。

QRコードの下にあるテキストを全文コピーしておきます。

moonblock_5_2

コピーしたテキストはメモ帳などのテキストエディタにコピーしておきましょう。

これでゲームデータの保存は完了です。

moonblock_5_3

保存したソースコードを別のパソコンで見るには、セーブボタンを押し、QRコードの下に表示されたテキスト入力フィールドに全文コピーしたテキストを貼り付けます。(最初に表示されている[]の文字は消してOKです)

moonblock_5_4

テキストを貼り付け終えたら左下にある「×とじる」ボタンを押しましょう。(少し見えづらいですが・・・)

すると、作ったゲームが無事復活します!

moonblock_5_5

今回作成したゲームのソースコードを公開します。是非ご利用下さい!

[{
    "x": 91,
    "y": 35,
    "constructorName": "PuppetBlock",
    "variables": {
        "name": "くま",
        "fold": "-",
        "image": "chara1.png",
        "behavior": {
            "x": 0,
            "y": 0,
            "constructorName": "DisplayBlock",
            "variables": {
                "appeartype": "standAlone",
                "interval": "30",
                "initial": "10"
            },
            "next": {
                "x": 0,
                "y": 0,
                "constructorName": "MoveBlock",
                "variables": {
                    "type": "tapChase",
                    "zigzagdirection": "X",
                    "tapdirection": "",
                    "movedirection": "Left",
                    "dx": "0",
                    "dy": "0"
                },
                "next": null
            }
        }
    }
}, {
    "x": 87,
    "y": 237,
    "constructorName": "PuppetBlock",
    "variables": {
        "name": "アイコン",
        "fold": "-",
        "image": "icon0.png",
        "behavior": {
            "x": 0,
            "y": 0,
            "constructorName": "FrameSequenceBlock",
            "variables": {
                "sequence": [15],
                "times": "2"
            },
            "next": {
                "x": 0,
                "y": 0,
                "constructorName": "DisplayBlock",
                "variables": {
                    "appeartype": "randomSetup",
                    "interval": "30",
                    "initial": "10"
                },
                "next": {
                    "x": 0,
                    "y": 0,
                    "constructorName": "TargetHitBlock",
                    "variables": {
                        "className": "くま",
                        "fold": "-",
                        "handler": {
                            "x": 0,
                            "y": 0,
                            "constructorName": "ScoreBlock",
                            "variables": {
                                "value": "10"
                            },
                            "next": {
                                "x": 0,
                                "y": 0,
                                "constructorName": "DieBlock",
                                "variables": {},
                                "next": null
                            }
                        }
                    },
                    "next": {
                        "x": 0,
                        "y": 0,
                        "constructorName": "ListenerBlock",
                        "variables": {
                            "eventType": "actordieall",
                            "fold": "-",
                            "handler": {
                                "x": 0,
                                "y": 0,
                                "constructorName": "GameClearBlock",
                                "variables": {},
                                "next": null
                            }
                        },
                        "next": null
                    }
                }
            }
        }
    }
}, {
    "x": 583,
    "y": 373,
    "constructorName": "ScoreBoardBlock",
    "variables": {
        "fold": "-",
        "behavior": null
    }
}, {
    "x": 474,
    "y": 511,
    "constructorName": "TimerBoardBlock",
    "variables": {
        "countdir": "countdown",
        "fold": "-",
        "seconds": "10",
        "behavior": {
            "x": 0,
            "y": 0,
            "constructorName": "ListenerBlock",
            "variables": {
                "eventType": "timeup",
                "fold": "-",
                "handler": {
                    "x": 0,
                    "y": 0,
                    "constructorName": "GameOverBlock",
                    "variables": {},
                    "next": null
                }
            },
            "next": null
        }
    }
}]

 

 

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

パズルで簡単プログラミング!Moonblock講座 #1 Moonblockとは

Moonblock(ムーンブロック)とは、視覚的にゲームを作ることが出来るビジュアルプログラミング言語です。 本来、プログラムを作るには、「プログラミング言語」と呼ばれる特殊な言語を使い、コンピュータ …

パズルで簡単プログラミング!Moonblock講座 #2 まずはキャラクターを表示させよう

本題の詳しい話に入る前にまずは画面の使い方の説明から始めます。 画面上に表示されている「パペット」や「ビヘイビア」などと書かれた四角いボタンは「キット」と呼ばれるもので、この中にはゲームを作るために必 …

パズルで簡単プログラミング!Moonblock講座 #4 スコアやタイマーをつけてゲームらしくする

前回、くまのりんご狩りゲームを作成しましたが、くまがりんごに触れた時にりんごが消えるだけで、あまりゲームらしくはありません。 ゲーム性を出すには、りんごに触れた時にスコア―を増やしたり、りんごを全部狩 …

パズルで簡単プログラミング!Moonblock講座 #3 りんご狩りゲームの作成

前回、くまとりんごを表示させるところまで進みましたので、今回ではくまを操作できるようにし、りんごを画面に複数配置させ、くまとりんごが触れた時にりんごが画面上から消えるようにします。 まずは、くまを操作 …