初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #4

今回は、スクリプト「イベント」の解説をしていきたいと思います。

 

「イベント」には、他のスクリプトの動作条件を設定するためのスクリプトがあります。

「~がクリックされたとき」

「緑の旗がクリックされたとき」は、緑の旗がクリックされた時点で、合体しているスクリプトを動作させます。

 

緑の旗はステージ画面の右上にあります。

 

「~キーが押されたとき」は、設定したキーを押した時に動作させます。

キーは、スペース・矢印・A~Z・0~9・どれかの、の中から設定できます。

 

「スプライトがクリックされたとき」は、スプライトがクリックされた時に動作させます。

 

このスクリプトは、ステージの方では「ステージがクリックされたとき」となっています。

 

「背景が~になったとき」

「背景が~になったとき」は、ステージが指定した背景になった時に動作させます。

 

「~>(数値)のとき」

「~>(数値)のとき」は、設定が指定した数値より大きい時に動作させます。

設定は、音量・タイマー・ビデオモーションから選択できます。
ビデオモーションとは、ビデオ内の動きのことで、動きが大きくなると数値も大きくなります。

 

「メッセージを受け取ったとき」

「メッセージを受け取ったとき」は、メッセージを受信した時に動作させます。

 

メッセージは「新しいメッセージ…」から作成できます。

 

作成したメッセージは「メッセージを送る」で送信します。

 

または、「メッセージを送って待つ」でも送信できます。

 

こちらは、受信した側のスクリプトの動作が終了するまで、次のスクリプトは動作しません。

 

次回

今回は、スクリプト「イベント」の解説をしました。

解説の中に出てきた「メッセージ」は、スプライト同士で連携ができるとても便利な機能なので、作品の制作に活用してみてください。

 

次回は、スクリプト「見た目」の解説をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座 #1

今回からは「Physical Sensor for Scratch」について、解説していきたいと思います。 「Scratch 1.4」(スクラッチ 1.4)については、以下の記事で紹介しているので参考 …

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #4

今回は、「scratch 3.0」で追加されたブロックを解説していきたいと思います。 「3.0」では、全部で7種類のブロックが追加されました。 「()秒で~に行く」 「()秒で~に行く」は、指定した秒 …

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #5

今回は、拡張機能「翻訳」「Makey Makey」の使い方を解説していきたいと思います。 「Makey Makey」は、機材を使用するタイプの拡張機能ですが、機材を接続していなくても使用できるので、こ …

スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座 #2

今回は、「Physical Sensor for Scratch」の使用方法を解説していきたいと思います。 「Scratch 1.4」に接続する方法は、公式サイトでも紹介しているので参考にしてみてくだ …

Scratchでゲーム制作にチャレンジ #3

今回は、自機の当たり判定と回数制限付きバリアを作成していきたいと思います。   少し複雑な箇所もあるので、実際に動作させながら作成すると理解しやすいでしょう。 自機の当たり判定の作成 #1で …