初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

WOLF RPGエディター

WOLF RPGエディターでゲーム制作にチャレンジ #2

今回は、フィールドマップ・オープニング・ゲームオーバーの作成をしていきたいと思います。

 

今回から、前回#1で決めた内容を元にゲーム制作をしていきます。

ゲーム制作の前に

ゲーム制作をする前に、いくつか準備をしておきます。

 

最初に「Data」ファイルをコピーして、どこかにバックアップしておいた方が良いでしょう。

 

次は、ゲームのタイトルを設定します。

WOLF RPGエディターでは、ゲームのセーブデータはタイトルごとに管理しています。

制作の途中でタイトルを変更すると、前のセーブデータは使用できなくなるので、今の内に設定しておきます。

 

『ゲーム設定』の「ゲーム基本設定を開く」をクリックすると「ゲームの基本設定」が開きます。

 

「ゲームの基本設定」の左上にある項目でタイトルを変更することができます。

 

最後に、メニュー画面にある『相談』を削除します。

 

『ユーザーデータベース』の「システム設定」を開いて「メニュー欄コマンド1」を「<空欄>」に設定すると『相談』が削除されます。

 

これらについては、以下のリンクも参考にしてください(外部サイト)。

 

これで、制作準備は完了しましたので、ゲーム制作をしていきたいと思います。

 

フィールドマップの作成

まずは、フィールドマップを作成します。

 

最初に、マップを新規作成します。

マップの基本設定は、今作では画像(緑枠内が変更点)のようにしますが、自由に変えてもらっても構いません。

 

ここからは、筆者独自の作成方法です。

まず、レイヤー1に『四角塗りつぶしツール』を使用して地面を大まかに配置します。

 

次に、レイヤー2全体に海を配置します。

 

その配置した海を『空白』で削除しながら陸地を作成していきます。

こちらも最初は大まかに削除します。

 

その後、細かく削除と海の配置をして整えていきます。

 

陸地の形に削除したらレイヤー1に戻って、削除した範囲より1マス大きく地面を配置、削除します。

 

それから、レイヤー2に町・森・洞窟出入口・山を配置していきます。

 

道や看板、木なども配置すると良いでしょう。

 

ただし、道を不自然なく配置するにはマップの一部をレイヤー3に配置するなどの工夫が必要になる場合もあります。

 

最後に『タイルセット設定』で森や看板などを右クリックして通行不可に設定したら完成です。

 

オープニングの作成

次に、オープニングを作成します。

 

今作では『タイトル』マップにある『タイトル用イベント』を編集して作成します。

タイトル用イベントについては、以下のリンクも参考にしてください(外部サイト)。

 

まず『場所移動』の移動先を画像の場所に設定します。

 

次に、緑枠内(「回数付きループ」の中)を全削除します。

 

その後、削除した箇所に「文章」などを挿入して、オープニングを作成すれば完成です。

 

ゲームオーバーの作成

最後に、ゲームオーバーを作成します。

サンプルデータでは、ゲームオーバーになってもそのまま続行できてしまうので、しっかりタイトルに戻るようにします。

 

『コモンイベントの設定』の下の方にゲームオーバーイベントがあるので、まずは2行目の「文章」を削除します。

 

次に、イベントコマンドを4つ追加します。

1番上には「画面の色調変更」と「真っ暗に」を選択した『エフェクト』を挿入します。

処理時間は短めに設定します。

 

その下に「ウェイト」を、上の『エフェクト』の処理時間と同じ長さに設定して挿入します。

 

タイトルに行くために使用する「タイトル画面へ」は「文章」の下に挿入します。

 

最後に「色リセット」を選択した『エフェクト』を挿入すれば完成です。

用意できるなら、BGMや画像を挿入してみても良いでしょう。

 

ゲームオーバーイベントについては、以下のリンクも参考にしてください(外部サイト)。

 

作成したゲームの公開

作成した現時点のゲームはPLiCyというサイトで公開しています。
作成ゲームのZIPがダウンロード出来るようにもなっておりますので、是非参考にして下さい!

(ゲームの動作が重い、不安定な人もダウンロードしてみてください。)

 

次回

今回は、フィールドマップ・オープニング・ゲームオーバーの作成をしました。

これらを最初に作成することで、後のゲーム制作がしやすくなります。

 

次回は、主人公の設定と町マップの作成をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #1 WOLF RPGエディターとは

WOLF RPGエディター(ウディタ)とは、RPGを制作するためのフリーソフトです。 戦闘やメニュー画面などの基本システムが用意されており、同梱のサンプルゲームを元に作っていくことも可能です。 また、 …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #3 WOLF RPGエディターのサンプルゲームで遊ぶ

ダウンロードも終え、ついにサンプルゲームで遊べるようになりました! 「Game.exe」というファイルがあるので、そちらをダブルクリックし、サンプルゲームをプレイして、どのようなものが作れるのか見てみ …

WOLF RPGエディターでゲーム制作にチャレンジ #1

今回からは、WOLF RPGエディターを使用して、簡単なゲームを制作していきたいと思います。   WOLF RPGエディターについては、当サイトの講座(全11回)をご覧ください。 簡単にゲー …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #5 サンプルゲームを改造してみる

本章では、サンプルゲームを改造して味方キャラクター、敵キャラクターを増やすことにチャレンジしたいと思います。   味方キャラクターの追加 味方キャラクターは、可変データベースにて編集をするこ …

簡単にゲームが作れる!WOLF RPGエディター講座 #10 マップの作成

前回は敵キャラの作成までを行いました。 今回は、マップの作成を紹介します。 前回と同じくサンプルゲームをベースに作業していきます。   マップ作成の操作周りは比較的幅広いので、本記事では、簡 …

プロフィール

坂井 秀教(@norio198603)です!

2018年2月に一般社団法人ドットテックを設立し、フリーランスのエンジニア・デザイナーが活動を継続できるよう、学び合い助け合えるコミュニティを構築・運営中しております。

ゲーム作りやプログラミングの楽しさを知ってもらいたいと思い、本サイトを立ち上げました。 本サイトが、気軽に楽しく、ゲーム作り・プログラミングに取り組む支えになれば幸いです!

カテゴリー

お勧め動画教材
アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン 作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ 【超初心者向け】Blenderでキャラクターをモデリングしてアンリアルエンジンで動かす講座【ハンズオン】

最新の記事

Unityで使えるゲーム素材