初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座 #2

今回は、「Physical Sensor for Scratch」の使用方法を解説していきたいと思います。



「Scratch 1.4」に接続する方法は、公式サイトでも紹介しているので参考にしてみてください。

「Scratch 1.4」に接続する方法

「Physical Sensor for Scratch」は「Scratch 1.4」と接続することで、スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できるようになります。

この記事では、「Physical Sensor for Scratch」と「Scratch 1.4」を接続する方法を解説していきます。


まず、「Scratch 1.4」にある[センサー用ブロック]を右クリックして「遠隔センサー接続を有効にする」をクリックします。

余裕があれば、セキュリティソフトを一時無効にするか、Scratch1.4が行う通信を許可すると成功しやすくなります。



次に「Physical Sensor for Scratch」を起動して、最下部にある[Edit IP]をタップします。



すると、このような入力画面が表示されるので、
Scratch1.4が起動しているPCの「IPアドレス」を入力してから、赤いボタンをタップします。



Windows10の場合は、
[設定]→[ネットワークとインターネット]→[Wi-Fi]→[ハードウェアのプロパティ]のように開くと
「IPアドレス」の確認ができます。



最下部にあるボタンが[Disconnect]に変更されていれば、接続完了です。

接続を解除する時は、このボタンをタップします。



使用方法

「Physical Sensor for Scratch」では、以下の内容を送ることができます。

ただし、機種によっては一部のセンサーの内容が送れない場合もあります。

・傾き・高さ
・方角
(北=0から時計回りに数値が増えていく)
・音量
・明るさ・距離
・スライダー
(ボリュームキーで変更できる)
・気圧



送られた内容は、[~センサーの値]ブロックで選択・使用することができます。

内容を選択してからチェックを入れると、ステージに値が表示されます。



また、アプリ画面の右下にあるボタンをタップしてから[Setting]を選択すると、
「Prefix」を入力する画面が表示されます。



入力して[OK]をタップすると、入力内容が直前に付いたセンサーが[~センサーの値]の選択欄に追加されます。

この機能を利用することで、複数台のスマートフォンを接続しても、
それぞれのセンサーの内容を区別して選択・使用できます。



まとめ

「スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座」は、今回で終了となります。

如何でしたか?


「Physical Sensor for Scratch」を使用することで、スマートフォンがコントローラーになるゲームや、周辺の状況を調べて動作するツールなどを作成することができます。

複数台のスマートフォンが接続できるので、
テレビゲームのように複数人でプレイするゲームも作成できるかもしれません。


ぜひ、「Physical Sensor for Scratch」と「Scratch 1.4」を使用して、
他にないようなプログラムを作成してみてください。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #9

今回は、スクリプト「ペン」の解説をしていきたいと思います。   「ペン」には、ステージに画像や線を描くためのスクリプトがあります。 「スタンプ」 「スタンプ」は、スプライトがある場所にスプラ …

Scratchでゲーム制作にチャレンジ #2

今回は、自機と自機の攻撃の作成、自機のHPの設定をしていきたいと思います。   今回から、前回(#1)の内容を元にゲーム制作をしていきます。 新規作成 まず、作品(プロジェクト)の新規作成を …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #5

今回は、スクリプト「見た目」の解説をしていきたいと思います。   「見た目」には、表示方法を設定するためのスクリプトがあります。 「~と言う」 「~と言う」は、入力した内容を吹き出しで表示し …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #8

今回は、スクリプト「調べる」の解説をしていきたいと思います。   「調べる」には、現在の状態を調べて他のスクリプトに指定するスクリプトが多くあります。 「~に触れた」 「~に触れた」は、スプ …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #1

今回から、Scratchの使い方について解説していきたいと思います。   Scratchには、WEB版とダウンロード版がありますが、ここでは準備が簡単で機能が多いWEB版を解説していきます。 …