初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座 #1

今回からは「Physical Sensor for Scratch」について、解説していきたいと思います。



「Scratch 1.4」(スクラッチ 1.4)については、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

「Physical Sensor for Scratch」とは

最新の携帯電話として制作されたスマートフォンには、多種多様なセンサーが付いています。

例えば[音]や[明るさ]、[加速度]に[傾き]、
さらには[方角]や[気圧]などを調べるためのセンサーが搭載されています。


「Physical Sensor for Scratch」は、これらのセンサーの一部を「Scratch 1.4」で使用できるようにするアプリです。

「moyashi-koubou」が提供しているアプリで、「スクラッチ用物理センサー」とも言います。


「Physical Sensor for Scratch」の公式サイトは、以下のリンクからご覧ください。



「Physical Sensor for Scratch」の特徴として、[android 2.2]以降のスマートフォンでも使用できることがあります。

これはScratchで使用するのに全てのセンサーの内容を送る必要がないことと、
アプリ制作の目的の1つに「古いandroid端末の再利用」が設定されていた為、このような仕様になっています。


また、様々な使い方ができるように、
1台だけでなく複数台のスマートフォンを接続できるようになっています。



「Physical Sensor for Scratch」のインストール方法

「Physical Sensor for Scratch」は、[Google Play]で探すと見つかります。

「インストール」ボタンをタップすると、インストールできます。



インストール時には、[Wi-Fi接続情報]と[マイク]の使用許可が求められます。

[Wi-Fi接続情報]は「Scratch 1.4」に接続する時に、
[マイク]は周りから聞こえる音の大きさを調べるために使用します。



赤枠内のようなアイコンのアプリが追加されたら、インストールは完了です。



次回

今回は、「Physical Sensor for Scratch」の紹介・インストール方法の解説をしました。

古いスマートフォンでも無料でインストールできる「Physical Sensor for Scratch」ですが、
対応しているのは「Scratch 1.4」だけで、「Scratch 2.0」や「Scratch 3.0」には対応していないので注意しましょう。



次回は、[Scratch 1.4に接続する方法]と[使用方法]の解説をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #2

今回は、「Scratch 3.0」の[作成画面]を解説していきたいと思います。 「Scratch 3.0」では、特に[作成画面]のレイアウトが大きく変更されました。 [作成画面] 「Scratch 3 …

Scratchでゲーム制作にチャレンジ #7

今回は、ゲームクリア画面とゲームオーバー画面を作成していきたいと思います。   ゲームクリア・ゲームオーバー画面を作成した後、不具合の修正と内容の調整をしたら、ゲームの完成になります。 ゲー …

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #2

今回は、拡張機能「音楽」の使い方を解説していきたいと思います。 「音楽」は、「scratch 2.0」の[音]にあった一部のブロックが使用できる拡張機能なので、以下の記事も参考にしてみてください。 誰 …

あの「Scratch」の原点!「Scratch 1.4」講座 #3

今回は、[作成画面]にある「ステージ」「スプライトリスト」を解説していきたいと思います。 「Scratch 1.4」の[作成画面]には、改良されながら「2.0」「3.0」に存在し続けている機能もありま …

Scratch 3.0で追加されたブロックの使い方 講座 #3

今回は、「~の効果を()にする」「~の効果を()ずつ変える」の使い方について、解説していきたいと思います。 「~の効果を()にする」や「~の効果を()ずつ変える」は、これまでにない機能を持ったブロック …