初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

あの「Scratch」の原点!「Scratch 1.4」講座 #1

今回から、「Scratch 1.4」について解説していきたいと思います。



他のバージョンである「2.0」「3.0」については、以下のリンクで解説しています。

「Scratch 1.4」 とは

「Scratch 1.4」とは、現在公開されている「Scratch」の中で最も古い、「2.0」や「3.0」の原点となったバージョンのことです。

[MIT]が2007年に最初のScratchのバージョンとして公開した[Scratch 1.0]を改良していって、
2009年7月2日に最後の[1.x]バージョンとして公開されたものが「Scratch 1.4」となります。



「Scratch 1.4」は、「Squeak Smalltalk」(スクイーク スモールトーク)と言うプログラミング言語をベースにして開発されました。

「Squeak Smalltalk」は、1996年に登場した[オブジェクト指向プログラミング言語]で、
まだインターネットが身近な存在ではない2002年頃にテレビ番組で紹介されたことによって、
多くの人に使用されるようになりました。



流石に「2.0」や「3.0」と比較すると、「1.4」は機能や利便性で大きく劣ってしまいますが、
その代わりにスペックの低いPCでも問題なく使用できます。

また、「1.4」だけにある素材や機能もあり、逆にこちらの方が使いやすく感じる人もいるかもしれません。



次回

今回は、「Scratch 1.4」の紹介をしました。

現在では、ウェブサイト上にある[オンラインエディター]でプログラミングすることができますが、
「Scratch 1.4」が使用されていた当時は、アプリをダウンロードして[オフラインエディター]でプログラムを作成した後、サイトにアップロードすることで公開していました。



次回は、「Scratch 1.4」をダウンロード・インストールする方法を解説していきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #4

今回は、スクリプト「イベント」の解説をしていきたいと思います。   「イベント」には、他のスクリプトの動作条件を設定するためのスクリプトがあります。 「~がクリックされたとき」 「緑の旗がク …

スマートフォンのセンサーが「Scratch 1.4」で使用できる!「Physical Sensor for Scratch」講座 #1

今回からは「Physical Sensor for Scratch」について、解説していきたいと思います。 「Scratch 1.4」(スクラッチ 1.4)については、以下の記事で紹介しているので参考 …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #3

今回からは、スクリプトをカテゴリー別に分けて、解説していきたいと思います。   今回は、スクリプト「動き」について解説していきます。 スクリプトとは スクリプトとは、動作の内容が書かれたブロ …

あの「Scratch」の原点!「Scratch 1.4」講座 #5

今回は、「Scratch 1.4」だけに存在するブロック・存在しないブロックを解説していきたいと思います。 「Scratch 2.0」「Scratch 3.0」のブロックについては、過去の記事で解説し …

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #4

今回は、拡張機能「ビデオモーションセンサー」「音声合成」の使い方を解説していきたいと思います。 「ビデオモーションセンサー」についても、「scratch 2.0」の[調べる]にあった一部のブロックを使 …