初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

ビットゲームメーカー

ビットゲームメーカーでゲーム制作にチャレンジ #2

今回は、[新規作成]を行った後、「フィールドマップ」・簡単なオープニングを作成していきたいと思います。



これから、前回の記事(#1)で紹介したゲーム内容をもとにして、ゲームを制作していきます。

新規作成

最初に、ゲームデータの[新規作成]を行います。

「ホーム画面」にある基本メニュー「ゲームを作る」を開きましょう。



「ゲームを作る」を開いた後、空いているゲームデータをタップします。



すると、[ベースとして使用するゲームデータ]を選択する画面が表示されます。

この記事では、「サンプルクエスト」を使用して制作するので、赤枠内をタップします。



このような画面が表示されれば、新規作成は完了です。



「フィールドマップ」の作成

新規作成が完了したら、「フィールドマップ」を作成していきます。

赤枠内にある「マップ編集」を開きます。



「フィールドマップ」は、サンプルクエスト内にある「ワールドマップ」に作成したいと思います。

マップのサイズを[20×20]に、BGMを[デフォルトBGM]に変更します。



次に[マップ作成画面]で、マップの内容を作成します。

マップ画面が開くと、「ワールドマップ」の内容が表示されるので、
[下層]にあるタイルを「海」タイルで塗りつぶします。



[上層]のタイルやイベントは、「消しゴム」で削除します。



塗りつぶし終えたら、「草原」や「砂漠」などのタイルを使用して、[下層]に3つの島を作成します。



[上層]には、作成した島の上に[村][洞窟の出入口][魔王城]を配置します。

[洞窟の出入口][魔王城]の周りには「山」を、プレイヤーの行動範囲を制限するように配置します。



その後、装飾として「道」や「湖」などを配置したら、フィールドマップの完成です。



ちなみに黄枠内をタップすると、作成したマップに合わせて、マップの大きさや容量を削減してくれます。

ゲーム制作に慣れてきたら、使用してみると良いでしょう。



オープニングの作成

フィールドマップが作成できたら、簡単なオープニングを作成します。

オープニング用イベントは、マップの端に配置します。



イベントの作成方法は、「通常イベント追加」を選択します。



オープニング用のイベントなので、画像は[なし]、起動条件は[自動]を選択します。

イベントの名前は、何のイベントか分かりやすい名前を付けると良いでしょう。



その後、イベントの内容を作成していきます。

2つの[画面効果]を使用して「すぐ暗転して、元に戻る」イベントを作成します。



2つの[画面効果]の間に、[メッセージ]を使用して、オープニングの内容を作成していきます。



このままだと、マップを出入りするたびにイベントが起動してしまいます。

なので、先程のイベントの後に「フラグ[NO.0]を「ON」にする」イベントを配置します。



何のためのフラグか分かるように、フラグ名は[オープニング]に変更しておきます。



その後、画像・起動条件が同じ「ページ2」を作成します。



ページ2には、「[オープニング]がONの時にイベントを削除する」イベントを作成します。

このように設定することで、ゲーム開始直後は「オープニング」(ページ1)を1回だけ起動して、
それ以降は「イベントの削除」(ページ2)が起動するようになります。



最後に、黄枠内に「スタート地点」を配置すれば、オープニングの作成は完了です。



作成したゲームの公開

今回までに制作したゲームの内容は、「ビットゲームメーカー」で公開しています。

「改変可」にして、ゲームデータの中身が見れるようにしていますので、是非参考にして下さい!


ゲームプレイの手順

制作したゲームをプレイするには、最初に「ビットゲームメーカー」を開きます。



次に、「ホーム画面」にある基本メニュー「ゲームを探す」をタップします。



すると、このような画面が表示されるので、赤枠内にある検索欄に[ブログ用制作ゲーム1]と入力して検索します。



検索結果の中にある、作者「ゲーム作りラボ」・タイトル「ブログ用制作ゲーム1」のものが、
今回、筆者が制作したゲームになります。

見つけたら、青枠内をタップしてダウンロードします。



ダウンロードしたゲームは、基本メニュー「ゲームで遊ぶ」に保存されます。

[青い本]のアイコンをタップすれば、ゲームをプレイすることができます。



次回

今回は、新規作成を行った後、「フィールドマップ」・オープニングを作成しました。

最初の方に「フィールドマップ」や[オープニング]などを作成することで、今後のゲーム制作やテストプレイがしやすくなると思います。



次回は、基本設定(全体メニュー「基本設定」・「データ編集」)の変更をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

スマホで簡単にRPG作成!「ビットゲームメーカー」講座 #7

今回は、全体メニュー「データ編集」にある[キャラクター][アイテム][スキル]を解説していきたいと思います。 ビットゲームメーカーでは、ゲーム制作に慣れていない方のために、設定を自動で行ってくれる機能 …

スマホで簡単にRPG作成!「ビットゲームメーカー」講座 #1

今回から、「ビットゲームメーカー」というアプリについて、解説していきたいと思います。 この回では、「ビットゲームメーカー」の紹介・使用準備の解説をしていきます。 ※注意:「スマートフォンの機種」や「プ …

スマホで簡単にRPG作成!「ビットゲームメーカー」講座 #11

今回は、全体メニュー「公開設定」を解説していきたいと思います。 ゲームを制作・公開する時は、利用規約やマナーを守るようにしましょう。 「公開設定」 「公開設定」では、制作したゲームを公開するための設定 …

スマホで簡単にRPG作成!「ビットゲームメーカー」講座 #5

今回は、全体メニュー「基本設定」にある[基本設定][ウインドウ][システム][基本パラメータ]を解説していきたいと思います。 「基本設定」は、記事を[#5]と[#6]に分けて解説していきます。 「基本 …

ビットゲームメーカーでゲーム制作にチャレンジ #1

今回から「ビットゲームメーカー」(バージョン1.1.84)を使用して、ゲームを制作していきたいと思います。 ビットゲームメーカーの使い方については、当サイトにある記事をご覧ください。 スマホで簡単にR …

プロフィール

坂井 秀教(@norio198603)です!

2018年2月に一般社団法人ドットテックを設立し、フリーランスのエンジニア・デザイナーが活動を継続できるよう、学び合い助け合えるコミュニティを構築・運営中しております。

ゲーム作りやプログラミングの楽しさを知ってもらいたいと思い、本サイトを立ち上げました。 本サイトが、気軽に楽しく、ゲーム作り・プログラミングに取り組む支えになれば幸いです!

カテゴリー

お勧め動画教材
アクションゲームをまるごと作って体験できる!Unityゲーム制作ハンズオン 作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ 【超初心者向け】Blenderでキャラクターをモデリングしてアンリアルエンジンで動かす講座【ハンズオン】

最新の記事

Unityで使えるゲーム素材