初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

インディゲームクリエイター

無料で本格的なゲーム制作!「インディゲームクリエイター[無料版]」講座 #4

今回は、「アプリケーション」を解説していきたいと思います。


ゲームを制作して公開したい場合は、最初に「アプリケーション」を作成する必要があります。

「アプリケーション」の新規作成

まず、[ウェルカムページ]や「メニューバー」にある赤枠内の項目をクリックすると、
「アプリケーション」の新規作成ができます。

「アプリケーション」とは、ゲームの作成状況を保存するファイルのことです。



新規作成が完了すると、このような画面が表示されます。



新規作成した後は、「メニューバー」にある[保存]を使用してアプリの内容を保存します。



保存したアプリを開きたい場合は、赤枠内をクリックした後、[MFA]形式のファイルを選択します。



「アプリケーション」の機能

アプリを新規作成すると、画面左側の[ワークスペースツールバー]アプリの内容が表示されます。

この[ツールバー]にある「アプリケーション」を選択すると、
左下にある[プロパティ]設定項目が表示されて、
[ゲームウインドウのサイズ][解像度][フレーム数]などの基本設定が変更できます。



「アプリ」内には、「フレーム」を作成することができます。

「フレーム」とは[ゲーム画面]のことで、
「オブジェクト」や「背景」などを使用してゲーム画面を作成していきます。



「フレーム」を選択している場合は、
[ゲーム画面の大きさ][背景色][最大オブジェクト数]などの設定ができます。



アプリやフレームの内容は、「エディタ」を利用して作成していきます。

主に4つの「エディタ」があり、[ナビゲートツールバー]にあるボタンをクリックすると、
エディタウインドウに表示されます。



「アプリ」を選択した状態では、[ストーリーボードエディタ][グローバルイベントエディタ]が、
「フレーム」を選択した状態では、[フレームエディタ][イベントエディタ]などが使用できます。



[有料版]であれば、アプリやフレームなどは複数個でも作成することができますが、
この[無料版]では「1度に表示できるアプリが1つまで」「アプリ内のフレームは3つまで」となっています。

制限を越えた場合は、このような画面が表示されて、
元の状態に戻すまで機能が利用できなくなるので注意しましょう。



次回

今回は、「アプリケーション」の解説をしました。

「アプリ」でゲームを制作するためには、様々な「エディタ」にある多種多様な機能を利用して、
[ゲーム画面][イベント]を作成していくことになります。


次回は、[ストーリーボードエディタ]と[フレームエディタ]について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

インディゲームクリエイター[無料版]でゲーム制作にチャレンジ [物理エンジン]編 #2

今回は、「ゲーム制作の準備」をしていきたいと思います。 ゲームを制作しやすくするために、あらかじめ準備をしておきます。 ファイルの新規作成 最初に、[ウェルカムページ]や「メニューバー」の[ファイル] …

無料で本格的なゲーム制作!「インディゲームクリエイター[無料版]」講座 #9

今回は、「テストプレイ」や「ゲームの公開」を解説していきたいと思います。 ゲームが完成した後、[テストプレイ]や[ゲームの公開]を行う方法を紹介していきます。 「テストプレイ」 「テストプレイ」は、作 …

無料で本格的なゲーム制作!「インディゲームクリエイター[無料版]」講座 #2

今回は、[ダウンロード・インストール方法]を解説していきたいと思います。 記事の後半では、[無料版]と[通常版]・[Developer版]の違いも解説していきます。 ダウンロード・インストール方法 ま …

インディゲームクリエイター[無料版]でゲーム制作にチャレンジ [物理エンジン]編 #6

今回は、「制限時間」を作成していきたいと思います。 この制作ツールには、[カウントダウン]に適したオブジェクトがあるので、簡単に作成することができます。 「制限時間」の表示 「制限時間」は、[カウンタ …

無料で本格的なゲーム制作!「インディゲームクリエイター[無料版]」講座 #8

今回は、主な[イベントの種類]を解説していきたいと思います。 イベントには、様々な種類の「条件」や「アクション」が用意されています。 主な[イベントの種類] イベントにある「条件」「アクション」は、大 …