初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #3

今回は、[スクリプトエリア][ブロックパレット]を解説していきたいと思います。



[スクリプトエリア]や[ブロックパレット]も、レイアウトや機能が大きく変更されています。

[スクリプトエリア]

「2.0」では、[スクリプトエリア]の画面の上部・左側は固定されていましたが、
「3.0」ではブロックから一定範囲が使用できる画面となり、画面端がなくなりました。

画面をドラッグすると、表示場所を移動させることができます。



また、右クリックした時に表示される機能から「ヘルプ」がなくなった代わりに、
「取り消し」「やり直し」「~個のブロックを削除」が追加されました。


「取り消し」は行った作業を取り消す時に、
「やり直し」は取り消した作業を元に戻す時に使用します。

「取り消し」は[Ctrl]+[Z]、「やり直し」は[Ctrl]+[Shift]+[Z]でも行えます。



「~個のブロックを削除」をクリックするとダイアログが表示され、「OK」を押すとスプライト内にあるブロックを全て削除します。



[ブロックパレット]

[ブロックパレット]では、「コード」「コスチューム」「音」それぞれに変更が加えられています。


「コード」

「2.0」では「スクリプト」という名前でしたが、「コード」に変更されました。

全てのブロックが1つのページに納められ、左側の種類選択ボタンをクリックすると、
その種類がある場所までスクロールする仕様に変更されました。



また、タブレットからでも操作しやすいように、ブロックやボタンが「2.0」の時より大きくなっています。



「コスチューム」

「2.0」では[ベクターモード]と[ビットマップモード]でペイントツールの配置場所が違いましたが、「3.0」では画面左側と上部に統一されました。



[ビットマップモード]からは[背景を削除]、
共通のツールからは[トリミング][コスチュームの中心を設定]が削除されています。



色の設定方法も、[カラーパレット]から[HSBルール]に変更されて、
色・鮮やかさ・明るさをスクロールバーで設定できるようになっています。



「コスチューム」の作成ボタンにも、「サプライズ」が追加されています。

ただしこちらは、「カメラ」も使用できるようになっています。



「音」

「音」では、[編集][効果]にあった設定項目を常に表示されるようになったことで、
設定項目の場所が分かりやすくなりました。

赤枠内にある[ロボット]は、選択した範囲の音を機械音声のようにする機能です。



音の作成でも、「サプライズ」が使用できます。



「音」のライブラリでは、赤枠内のボタンにカーソルを乗せると、試聴できるようになっています。



次回

今回は、[スクリプトエリア][ブロックパレット]の解説をしました。

「scratch 3.0」では、ブロックやボタンの大きさ・画面のレイアウトなどが変更され、PCだけでなくタブレットでも操作しやすいようになっています。



次回は、「scratch 3.0」で追加されたブロックの解説をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

Scratch 3.0で追加されたブロックの使い方 講座 #1

今回から、「scratch 3.0」で追加されたブロックの使い方について、解説していきたいと思います。 「scratch 3.0」については、以下の記事で解説していますので参考にしてください。 プログ …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #8

今回は、スクリプト「調べる」の解説をしていきたいと思います。   「調べる」には、現在の状態を調べて他のスクリプトに指定するスクリプトが多くあります。 「~に触れた」 「~に触れた」は、スプ …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #7

今回は、スクリプト「音」の解説をしていきたいと思います。   「音」には、音の再生や再生方法の変更をするためのスクリプトがあります。 「~の音を鳴らす」 「~の音を鳴らす」は、指定した音を再 …

あの「Scratch」の原点!「Scratch 1.4」講座 #7

今回は、「Scratch 1.4」にある「拡張機能」を解説していきたいと思います。 「Scratch 1.4」には、「対応している拡張機能が他のバージョンより多い」という特徴もあります。 「拡張機能」 …

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #3

今回は、拡張機能「ペン」の使い方を解説していきたいと思います。 「ペン」も、「scratch 2.0」の[ペン]にあったブロックが使用できる拡張機能なので、以下の記事も参考にしてみてください。 誰でも …