初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #2

今回は、「Scratch 3.0」の[作成画面]を解説していきたいと思います。



「Scratch 3.0」では、特に[作成画面]のレイアウトが大きく変更されました。

[作成画面]

「Scratch 3.0」の[作成画面]は、下の画像のようになっています。



そのままだと、画面の一部が隠れていますが、
[全画面表示]などを使用すると画面全体が見えるようになります。

例えばクロームの場合は、「f11」キーを押すか、
赤枠内の設定ボタンをクリックすると[全画面表示]にできます。



「Scratch 3.0」では、作成画面のレイアウトが大きく変更されました。


「2.0」では、画面左側に[ステージ][素材リスト]、真ん中に[ブロックパレット]、右側に[スクリプトエリア]がありました。

この状態でも使用しやすいですが、
テストプレイをしながらスクリプトを修正する場合は、左端と右端を往復する必要があります。



また、ブロックやスクリプトを[素材リスト]にある他のスプライトにコピーする時に、
誤って[ブロックパレット]に入れて削除してしまう危険もあります。



そこで「3.0」では、左側が[ブロックパレット]、真ん中が[スクリプトエリア]、右側が[ステージ][素材リスト]に変更されたことで、上記の問題が起こりにくい配置になりました。



[ステージ][素材リスト]

ここからは、[ステージ]と[素材リスト]の変更点を解説していきます。


ステージ

[ステージ]の右上には、画面の縮尺を変更するボタンが追加されました。



通常は、右側のボタンが選択された状態になっており、
左側のボタンをクリックすると[ステージ]を小さくする代わりに、他のエリアを広くします。



また、右下にあった「マウスカーソルがある座標を表示する」機能は削除されたので、座標を指定する時は微調整が必要になる場合もあります。



素材リスト

[素材リスト]では、スプライトに関する情報(名前・向き・場所など)が常に表示されるようになっています。

情報の確認・変更がしやすくなった代わりに、
スプライトを選択する画面が狭くなったので、誤操作などに注意しましょう。



また、スプライト・背景の作成ボタンの中から、「カメラから新しいスプライト(背景)を作る」機能が削除されて、「サプライズ」が追加されました。

「サプライズ」は、[ライブラリ]の中からランダムに素材を選択して作成する機能です。



[ライブラリ]自体にも、「素材の追加と軽量化」「検索機能の追加」などの変更が加えられています。

スプライトの作成時には、イラストにマウスカーソルを乗せると、
そのイラストの他の[コスチューム]を見ることができます。



次回

今回は、[作成画面]の解説をしました。

画面のレイアウトが変わると、慣れるまでは不便に感じますが、使用していく内に便利な部分も見えてくるようになると思います。



次回は、[スクリプトエリア][ブロックパレット]を解説していきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

Scratch 3.0で追加されたブロックの使い方 講座 #2

今回は、「次の背景にする」「背景の~」「コスチュームの~」の使い方について、解説していきたいと思います。 「次の背景にする」「背景の~」「コスチュームの~」は、無いと困るものではないですが、作品の制作 …

Scratch 3.0で追加されたブロックの使い方 講座 #3

今回は、「~の効果を()にする」「~の効果を()ずつ変える」の使い方について、解説していきたいと思います。 「~の効果を()にする」や「~の効果を()ずつ変える」は、これまでにない機能を持ったブロック …

Scratchでゲーム制作にチャレンジ #4

今回は、敵の作成(攻撃以外)をしていきたいと思います。   攻撃の作成や攻撃方法の設定をする前に、基本的な動作を設定していきます。 敵の作成 まずは、赤枠内から敵として使用できそうな画像を選 …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #7

今回は、スクリプト「音」の解説をしていきたいと思います。   「音」には、音の再生や再生方法の変更をするためのスクリプトがあります。 「~の音を鳴らす」 「~の音を鳴らす」は、指定した音を再 …

Scratchでゲーム制作にチャレンジ #3

今回は、自機の当たり判定と回数制限付きバリアを作成していきたいと思います。   少し複雑な箇所もあるので、実際に動作させながら作成すると理解しやすいでしょう。 自機の当たり判定の作成 #1で …