初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

Scratch

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #3

今回は、拡張機能「ペン」の使い方を解説していきたいと思います。



「ペン」も、「scratch 2.0」の[ペン]にあったブロックが使用できる拡張機能なので、
以下の記事も参考にしてみてください。

拡張機能「ペン」

拡張機能「ペン」は、ステージ上に[線]を描いたり、[スタンプ]を貼り付けたりすることができる拡張機能です。



「ペンを下ろす」を使用してからスプライトを移動させることで、[線]を描くことができます。

「scratch」には、絵を描くことをテーマにした作品も多く公開されているので、
それらの作品を制作する時に、このブロックを使用します。



また、線や画像を描く以外にも「 [ペンで描いた絵]をスプライトやクローンの代わりに使用することで、動作を軽くする」という利用方法もあります。

ブロックを使用する予定のない[装飾物]や[障害物]などを作成する場合に、この方法が使用できます。



[線]の描写を止める場合は、「ペンを上げる」を使用します。



「ペンの色を(色)にする」を使用すると、[線の色]を変更することができます。

赤枠内をクリックすると、[色]や[鮮やかさ]、[明るさ]を変更するための画面が表示されます。



同じような絵でも、[色]や[色の組み合わせ]を変更するだけで印象が大きく変わる時もあるので、
線を描く時は色を変えてみると良いでしょう。



また、[鮮やかさ]を「0」に、[明るさ]を「100」に変更して、「消しゴム」の代わりにすることもできます。



「ペンの~を()にする」「ペンの~を()ずつ変える」であれば、[透明度]の変更もできます。

例えば、[透明度]の数値を増やすと、「影」を作成するのに役に立ちます。



[線の太さ]は、「ペンの太さを()にする」「ペンの太さを()ずつ変える」で変更できます。

ペンの太さを変更すると、広い範囲を塗りつぶすように描くことができます。



また、線を太くすることで、丸やボタンなどの形が簡単に描けるようになります。



さらに太くすると、ペンを下ろすだけで画面全体の色を変更したり、画面の一部を塗りつぶしたりすることができます。



「スタンプ」は、背景やスプライトと同じ画像をステージ上に貼り付けることができます。

ペンで描くことが難しい複雑な画像をコピーする場合は、「スタンプ」を使用すると便利です。



ただし、スタンプされた画像は「ステージに描かれた画像」なので、
画像をブロックで直接選択することができず、常にスプライトに隠れるように表示されます。



描かれた[線][スタンプ]を全て削除するには、「全部消す」を使用します。

ステージの上にある[赤いボタン]や「すべてを止める」ブロックなどの方法でプログラムを停止しても、画面内に[線][スタンプ]が残り続けてしまうので注意しましょう。



次回

今回は、拡張機能「ペン」の使用方法を解説しました。

[ステージに線を描く][背景・スプライトと同じ画像をステージ上に貼り付ける]という機能は、現在の「scratch 3.0」では拡張機能の「ペン」でしか使用できないので、「scratch」で線や絵を描きたい場合には「ペン」を使用しましょう。



次回は、拡張機能「ビデオモーションセンサー」と「音声合成」の使用方法を解説します。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #2

今回は、Scratchの基本操作について解説していきたいと思います。   ウェブ版では、サイトにあるScratch用のエディターを使用して作品を制作します。 エディターについて エディターは …

誰でも簡単にプログラミング!Scratch講座 #9

今回は、スクリプト「ペン」の解説をしていきたいと思います。   「ペン」には、ステージに画像や線を描くためのスクリプトがあります。 「スタンプ」 「スタンプ」は、スプライトがある場所にスプラ …

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #2

今回は、「Scratch 3.0」の[作成画面]を解説していきたいと思います。 「Scratch 3.0」では、特に[作成画面]のレイアウトが大きく変更されました。 [作成画面] 「Scratch 3 …

専用の機材がなくても使用できる!Scratch 3.0「拡張機能」の使い方 講座 #2

今回は、拡張機能「音楽」の使い方を解説していきたいと思います。 「音楽」は、「scratch 2.0」の[音]にあった一部のブロックが使用できる拡張機能なので、以下の記事も参考にしてみてください。 誰 …

プログラミングがさらに簡単に!Scratch 3.0講座 #5

今回は、「scratch 3.0」で機能が変更されたブロックを解説していきたいと思います。 「3.0」になったことで、使用しやすいように機能変更が行われたブロックもあります。 「()度に向ける」 「( …