初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

WWA Wing

遂に「ユーザ変数」が追加! [WWA Wing V3.6.0]について #2

今回は、「ユーザ変数」機能を解説していきたいと思います。


「変数」自体が少し難易度が高い機能なので、「変数」についても分かりやすく解説していきます。

「変数」とは

まず、人によっては聞き馴染みのない「変数」について解説していきます。


「変数」とは、プログラムなどにある[数字]や[文字]などのデータ(値)を保存する機能です。

[数値]や[文字列]を格納する「箱」のように表現されることも多いです。



数字や文字を保存した「変数」には[名前(変数名)]を設定できる他、
保存したデータは後から変更することもできます。

ゲーム制作ツールでは、設定しやすいように[UIデザイン]や[変数名]を工夫している場合もあるので、意識しない内に使用していることも多いでしょう。



[WWA Wing V3.6.0]の「ユーザ変数」機能

[WWA Wing V3.6.0]で追加された「ユーザ変数」では、
変数名が[番号]で固定されており、0番~255番までの計256個の変数が使用できます。

256個の変数に、専用の[マクロ文]を使用して数値を保存します。

ただし、現在の時点では「整数」だけ保存でき、[文字]や[小数]などは保存できない仕様となっています。



また、「JavaScript」で開発している仕様上、
数値の上限は[2の53乗-1]、下限は[-(2の53乗-1)]となっています。

この上限・下限は、
JavaScriptの[最大の整数]を定義する「Number.MAX_SAFE_INTEGER」に[-1]
[最小の整数]を定義する「Number. MIN_SAFE_INTEGER」に[+1]した数値です。

数字で表すと、上限が[9,007,199,254,740,990]下限が[-9,007,199,254,740,990]となるので、よほどのことがない限り、この制限で困ることは無いでしょう。



ゲーム中に変数の値を確認したい場合は、「HTML」ファイルを[メモ帳]などで開きます。



その後、「HTML」内に赤枠内のコードを入力します。



入力してからゲームを起動すると、ゲーム画面の下側で変数の値を確認できるようになります。

「変数の値がどのように変化しているか」も表示されるので、バグや不具合の原因を突き止めることができます。

逆に、WWAを公開する時にはゲーム内容のネタバレになる可能性もあるので、
非表示にするか「PLiCy」に投稿すると良いでしょう。



次回

今回は、「ユーザ変数」の解説をしました。

[WWA Wing V3.6.0]に追加された「ユーザ変数」については、
[公式ブログ][マニュアル][サンプルゲーム]などでも機能や使用例が紹介されているので、
ぜひ参考にしてみてください。


次回は、「変数」に関する[マクロ文]の解説をしていきます。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

「WWA Wing」でゲーム制作にチャレンジ [コマンドRPG]編 #8

今回は、ゲーム内容を確認して、内容を調整していきたいと思います。 制作したWWAの確認・調整が終わったら、「ゲームを公開する方法」も紹介します。 作成内容の確認 制作したWWAの内容を確認してみて、不 …

WWA Wing作成ツールでゲーム制作にチャレンジ #1

今回から、WWA Wing作成ツールを使用して、ゲームを制作していきたいと思います。   WWA Wing作成ツールについては、当サイトの解説記事をご覧ください。 懐かしいゲームが簡単に作れ …

懐かしいゲームが簡単に作れる!WWA Wing作成ツール講座 #2 ツールの機能解説

今回は、WWA Wing作成ツールの機能について解説していきます。   少し難しい部分もあるので、無理のない範囲で進めてください。 ゲームデータの作成 WWA Wing作成ツールを起動すると、最初に説 …

「WWA Wing」でゲーム制作にチャレンジ [コマンドRPG]編 #1

今回から「WWA Wing V3.5.10」を使用して、「コマンドRPG」というジャンルのゲームを制作していきたいと思います。 「WWA Wing 作成ツール」については、当サイトにある記事で解説して …

「WWA Wing」がさらに使いやすく!「WWA Wing V3.5.4」までの更新内容について #2

今回は、V3.5.4までに変更された「ゲームの仕様」を解説していきたいと思います。 「PLiCy」独自のWWAである[WWA Wing PLiCy Edition]の機能を取り入れたことで、以前よりも …