初心者の方でも楽しくゲームの作り方やプログラミングを学べる情報を発信中!

WWA Wing

[WWA Wing V3.6.0]で追加された「ユーザ変数」の使用例 講座

[WWA Wing V3.6.0]では、「ユーザ変数」という機能が追加されました。

[V3.6.0]の新機能については、以下の記事でも紹介しています。


ただ、「変数」や[マクロ文]の使い方を理解しても、
「どんな場面で使用すれば良いか分からない!」という方も多いと思います。



そこで、今回は「[ユーザ変数]の具体的な使用例」をいくつか紹介していきたいと思います!


「フラグ判定」

まず、ユーザ変数を使用した「条件分岐」を紹介します。

2つの変数の数値を比較して、その結果によってイベントの内容を変更するギミックで、
他の制作ツールでは[フラグ][スイッチ]と呼ばれることもあります。


2つの変数に、ステータスや定数などの[条件に利用する数値]を入れた後、
マクロ文「$if」で比較すると、条件の達成・非達成で[出現するパーツ]を変更できます。

出現するパーツの内容を変更することで、分岐を行います。



また、使い方を応用すれば、
ゲーム中の行動内容を保存したり、複数の条件を設定したりすることもできます。



ステータスを「2倍・半分」に

「ユーザ変数」には、2つの変数同士で計算を行うマクロ文があります。

この機能を応用すると、ステータスを2倍・半分にするギミックが作成できます。


1つ目の変数に「現在のステータスの数値」、2つ目の変数に「計算に使用する数値」を入れた後、
マクロ文を使用して計算を行います。

倍増させたい場合は「var_mul」を、半減させたい場合は「var_div」を使用します。



その後、計算の「答え」をステータスに設定すれば、2倍・半分になるギミックは完成です。

「答え」は、計算に使用した[1つ目の変数]に保存されています。



数字の入力

また、変数を使用して「数字を入力するギミック」を作成することもできます。


例えば、サンプルマップでは、8個のボタンを押すことで
1000・100・10・1ずつ加算・減算できるようになっています。

ボタンで入力した数値は、専用の変数に保存されます。



[扉]に触れると「特定の数値」入力内容を比較して、同じ数値の時に開かれます。



テレポート機能

マクロ文には、プレイヤー座標を変数に保存する[rec_pos]
変数で座標を指定してジャンプする[jump_rec_pos]があります。

このマクロ文を使用することで、プレイヤーが自由にジャンプ先を設定する機能が作成できます。



また、[ランダムエンカウント]を作成したい場合にも便利です。

プレイヤー座標が固定されていないタイプのRPGの場合、
通常の機能では「戦闘終了時にプレイヤーを元の座標に戻す」ことが困難でした。

しかし、プレイヤー座標の保存が可能になったことで、
このようなゲームシステムも簡単に作成できるようになりました。



まとめ

今回は、「[ユーザ変数]の具体的な使用例」を紹介しました。


[ユーザ変数]には、この記事で紹介した使い方以外にも様々な使用方法があるので、
上手く活用してゲームのギミックやシステムの作成に役立ててみてください。

スポンサーリンク
シェアする

関連記事

懐かしいゲームが簡単に作れる!WWA Wing作成ツール講座 #7 イベント作成

今回は、イベントの作成について解説していきます。   他のWWAでもよく見かける4つの簡単なイベントを作成します。 連続イベント 連続イベントについては、説明用ゲームデータでも解説されていま …

懐かしいゲームが簡単に作れる!WWA Wing作成ツール講座 #5 背景パーツの作成

今回は、背景パーツの作成方法について解説していきます。   物体パーツとの違いも含めて解説します。 背景パーツの作成 背景パーツの作成は、画面右上の「背景パーツ選択」でします。 黒い画像の背 …

遂に「ユーザ変数」が追加! [WWA Wing V3.6.0]について #2

今回は、「ユーザ変数」機能を解説していきたいと思います。 「変数」自体が少し難易度が高い機能なので、「変数」についても分かりやすく解説していきます。 「変数」とは まず、人によっては聞き馴染みのない「 …

「WWA Wing」でゲーム制作にチャレンジ [コマンドRPG]編 #3

今回は、「初期マップ」を作成していきたいと思います。 「初期マップ」の他に、[アイテムショップ]の作成や[ステータスアイコン]の変更もしていきます。 「初期マップ」の作成 「初期マップ」は、ゲームを開 …

遂に「ユーザ変数」が追加! [WWA Wing V3.6.0]について #4

今回は、「変数」に関する[マクロ文]パート2を解説していきたいと思います。 パート2では、「条件分岐」「ステータス操作」「変数ジャンプ」のマクロ文を紹介していきます。 「条件分岐」 「$if」は、2つ …